birds

スポンサーリンク
Antarctic

マカロニペンギンの特徴、生態、生息地を解説 水族館で見れる動物

マカロニペンギンの特徴、生態、生息地を解説していきます。このペンギンは南極大陸の近くに生息しており、頭の上に金髪の髪の毛が生えているようなおしゃれなペンギン。生息地では大規模なコロニーが形成されており、とても社会性が強いことがわかります。
birds

スネアーズペンギン(ハシブトペンギン)の特徴、生態、生息地について解説

スネアーズペンギン(ハシブトペンギン)の特徴、生態、生息地について解説していきます。ニュージーランドの亜南極の島、スネアーズ諸島の固有種で、ほとんどの方が見ることができないペンギンでしょう。スネアーズ諸島の上陸は禁止されており、ボートから岸辺に現れる鳥を観察することになります。
birds

シュレーターペンギンの特徴、生態、生息地、習性行動について解説 ニュージーランド固有種

シュレーターペンギンの特徴、生態、習性行動、生息地について解説をしていきます。ニュージーランド固有種のシュレーターペンギンはミステリアスな部分が多いためまだまだ分からないことが多いペンギンです。島は研究者以外の立ち入りを厳しく制限しているため、ほとんどの方が触ることすらできません。
birds

フィヨルドランドペンギン(キマユペンギン)の特徴、生息地、生態について解説

フィヨルドランドペンギン(キマユペンギン)の特徴、生息地、生態について解説していきます。「森にすむペンギン」と言われるこのペンギンは極めて珍しいタイプです。ニュージーランド南西のフィヨルドランドからスチュアート島にかけて住んでいるかなりのレアなペンギンです。
Antarctic

ヒゲペンギンの特徴、生態、生息地について解説

ヒゲペンギンの特徴、生態、生息地について解説していきます。ヒゲペンギンはアゴあたりにある「ヒゲ」のようなラインが特徴的なペンギンで、南極大陸の近辺で多数が生息しています。ペンギン類のうちでは中型で、個体数が最も多いペンギンです。
birds

ジェンツーペンギンの特徴、生態、生息地について解説 水族館で見れる動物

ジェンツーペンギンの特徴、生態、生息地について解説します。ジェンツーペンギンは南極大陸の中では最も北の方に生息しているペンギンで、南米付近で活動をしています。ペンギン18種類のうち、エンペラーペンギン、キングペンギンについで、3番目に大きいペンギンです。
Antarctic

アデリーペンギンの特徴、生態、生息地について解説

アデリーペンギンの特徴、生態、生息地について解説します。アデリーペンギンは南極大陸に住んでいることから、あまり会う機会がありません。しかし動物園や水族館では多数のペンギンが飼育されており、とても見かける機会が多くあります。
birds

マゼランペンギンの特徴、生態、生息地、名前の由来について解説 絶滅危惧種?

マゼランペンギンの特徴、生態、生息地、名前の由来について解説します。マゼランペンギンは比較的暖かい地域に住んでいるペンギンなので、人間の環境にも適応しやすく、飼育している方もいるようです。マゼランペンギンについて詳しく解説をしていきます。
birds

フンボルトペンギンの特徴、生態、生息地について解説 絶滅危惧種か? 動物園で見れる鳥

フンボルトペンギンの特徴、生態、生息地について解説します。フンボルトペンギンは最も人間の環境に適しているペンギンと言われており飼育する家庭もあります。フンボルトペンギンは南米でしか見ることができないペンギンですので旅行で見てみることをおすすめします。
Africa

ケープペンギンの特徴、生態、生息地について解説

ケープペンギンの特徴、生態、生息地について解説していきます。ケープペンギンはアフリカ大陸に生息する唯一のペンギンとなります。恐らく水族館や動物園で最も多くみることができるペンギンの一つでしょう。人間の環境にも適応しやすいペンギンの1種となります。
スポンサーリンク